デスケーラーの重要性

デスケーラーとは、一言で言うと掃除を行う時に使用する薬品です。
では、どういった種類の機器に使用するかというと、ボイラー製品です。

ボイラーとは、燃料を燃やして、その発生した熱を水に伝え、その成分を水蒸気やお湯に変える役割を果たす装置です。

発電所、家庭用床暖房や給湯用、様々な物に使用され大量のお湯を沸かす上でとても重要な物です。



その時にボイラーの内側に「スケール」という成分が発生します。

このスケールは、カルシウム、マグネシウムの硫酸塩、炭酸塩、ケイ酸塩などの固形物です。



ボイラー自体が、水蒸気を発生させたりする機械なので、その中に含まれている溶けにくい、揮発しにくい成分が濃縮され蓄積されます。
伝熱面にこのスケールが付着し蓄積されたまま使用していくと破損原因になります。



それを防ぐために必要なのが、デスケーラーの薬品なのです。

普通の掃除では取れないスケールを、デスケーラーは、非常に強力な酸で出来ているため、除去することが出来ます。
強力な薬品ですが、最近では技術の向上により、金属を腐らせる率も減少し、時間短縮、直に皮膚に付着しても、以前より影響が少ないよう、安全面にも配慮されています。


使用後の廃液の処理も、基準値を満たして作られているので、煩わしい処理は必要なく、中和をしてそのまま廃棄することも可能です。私達が安定した日常生活を送るのに、ボイラーは必要不可欠な装置です。その装置を使用していく上で発生する付着物を除去するデスケーラーは非常に重要な薬品であると言えます。